スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

上智大学講演会「日本の歴史修正主義の現状と在日朝鮮人」のお知らせ(2/21)

「上智大学在日コリアン学生サークル」主催で以下のような講演会が行われます。
案内を転載します。

【日本の歴史修正主義の現状と在日朝鮮人
~今 何が問題か 日韓『合意』を問い直す】


6月に展示会を行う予定でしたが、書類不備等もあり、開催出来ませんでした。

※6月の件の詳細は下記をご覧下さい。

「上智大学での展示会中止のお知らせとお詫び」
http://rekishidaigakusei.blog.fc2.com/blog-entry-19.html#comment11

このたび、大学の承認の下、下記のようなシンポジウムを行います。

一般の方もお越しいただけます。
是非、お越し下さい!!

◆日時:2月21日(日) 13時開始
  (展示会は10時30分から行います。)

◆場所:上智大学 3号館 221教室

◆参加費::無料

◆シンポジウム内容

「日本の歴史修正主義と現状」
 講師:加藤圭木氏(一橋大学大学院 社会科学研究科 教員)


「日本軍「慰安婦」問題と在日朝鮮人」
 講師:金優綺氏(在日本朝鮮人人権協会)


◆主催:上智大学在日コリアン学生サークル

<企画趣旨>

 朝鮮が日本の植民地支配から解放され70年以上が経ちました。しかし、いまだに植民地支配責任がきちんと果たされたとは言えません。ましてや昨今にいたっては、日本軍「慰安婦」や強制連行など無かった、といった歴史歪曲が顕著に現れています。また、日本政府による朝鮮学校の高校無償化制度からの排除や地方自治体による補助金停止、ヘイト・スピーチなど、在日朝鮮人を標的とした排外主義の嵐が吹き荒れています。

 在日朝鮮人に対する「攻撃」は、朝鮮への侵略や植民地支配をはじめとする、日本の加害責任を無視・否定・正当化する歴史歪曲の問題が根底にあると言えます。このような動きは、朝鮮人の尊厳を踏みにじる行為であり、この状況を黙って見過ごすことは、そうした動きに加担することにつながるのではないでしょうか。70年以上が過ぎた今だからこそ、改めて日本社会で起こっている歴史問題に目を向ける必要を強く感じます。

 私たち、若い世代が日本と朝鮮の未来を考えていく上で必要なことは、正しい認識を持ち、加害と被害の歴史を直視し、真摯に向き合うことではないでしょうか。そのためには、日本の歴史歪曲の現状を点としてではなく、線として――歴史として捉え、そこに潜む問題を明らかにしなければならないと思い、本企画を行うに至りました。本企画が、今後を担う同世代の学生たちをはじめとした多くの日本の方々と、互いに理解し分かち合う為の一歩になれれば幸いです。

上智講演会ビラ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

一方的に、太平洋戦争の歴史を日本人=加害者、朝鮮人=被害者と定義づけて、朝鮮人が日本に積極的に協力した事実を無視してこのような日本人を意図的に貶めるようなシンポジウムの開催に抗議する。

No title

一方的に、太平洋戦争の歴史を日本人=加害者、朝鮮人=被害者と定義づけて、朝鮮人が日本に積極的に協力した事実を無視してこのような日本人を意図的に貶めるようなシンポジウムの開催に抗議する。

No title

ぜひ参加したかったのですが、先約があって行けません。資料をいただきたいし、上智在学なので、またこのような講演があったら参加したいです。
プロフィール

rekishi.70

Author:rekishi.70
「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」
2015年3月8日~9月12日

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
04 | 2018/05 | 06
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。