FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「シンポジウム~日本の戦後70年を問う~」 (@京都大学)

日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動
「シンポジウム~日本の戦後70年を問う~」
(@京都大学)


◆日時:2015年11月22日(日)
     13:30開場 14:00開始(17:00終了予定)

◆場所:京都大学 法経本館第11教室

◆資料代:500円

◆内容

<第1部>特別講演「日本軍『慰安婦』問題から見る日本の戦後70年」
 ○講師:池田恵理子氏(アクディブ・ミュージアム「女たちの戦争と平和資料館(wam)」館長)

<第2部>学生たちによるパネルディスカッション
       「歴史と向き合うということ~私たちはどのように行動すべきか」

◆主催:京都大学コリアン学生の集い→koreangakuseinotsudoi@yahoo.co.jp

 朝鮮が日本の植民地支配から「解放」されてから70年の歳月が経ちました。しかし昨今、日本軍「慰安婦」や強制連行など無かった、といった歴史歪曲の言説や動きが戦後70年の中で最も顕著に現れています。「歴史の逆行」の流れの中で、なかったことにされようとしている被害者の証言に今こそ耳を傾け、彼らの経験を記憶し、尊厳回復のため行動していく必要があります。植民地主義の継続という日本と朝鮮半島の近現代史100年に、もう決着をつけなければならない時が来たのではないのでしょうか。

 今回の講演会では、第一部で、アクディブ・ミュージアム『女たちの戦争と平和資料館(wam)』館長であられる池田恵理子氏をお招きして、日本軍「慰安婦」問題の何が問題か、それがどのように歪曲されているのかについて講演してもらいます。歴史歪曲に反対するアクションであった2000年の女性国際戦犯法廷にも触れ、日本がいかに歴史歪曲を続けているのかということを考えてみましょう。

 第二部では、第一部の講演を踏まえたうえで、学生の立場から何ができるのか、どう歴史と向き合うべきなのかについて、パネルディスカッションを通じてともに考えていけたらと思います。

IMG_9051.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rekishi.70

Author:rekishi.70
「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」
2015年3月8日~9月12日

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。