スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

行動概要(5月18日修正)

行動期間

2015年3月8日(日)~9月12日(土)

主催

日本の歴史歪曲を許さない!在日朝鮮人大学生連絡会

行動内容

1)全国行動の始まりと終わりに、大阪と東京で歴史歪曲に反対する集会を行います。

 スタート集会を3月8日に行いました。
  ■場所:大阪人権博物館リバティホール
  ■内容
   ①シンポジウム「『戦後』70年―現代日本の歴史認識を問う」
     パネラー/庵逧由香先生(立命館大学文学部教授)、崔権一先生(大阪朝鮮高級学校教員)
   ②学生演劇「記憶~過ぎ去らない過去」
   ※スタート集会の詳細(報告)は下記をご覧ください。
    スタート集会報告

  全国大学生集会(まとめの会)
   ■日時:2015年9月12日(土) (時間は未定)
   ■場所:国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟 小ホール(東京)
   ■内容(案):強制連行被害者名簿(原簿)の公開、特別講演、大学生行動全体の報告


2)展示会「記憶、保存、そして継承~日本の歴史歪曲に反対する」を全国各地で行います。

■内容:歴史修正主義の動きと流れ、強制連行の定義と被害者証言、伊藤孝司さんによるパネル「性奴隷にされたアジアの女性たち 破られた沈黙」、など
■開催場所・日程は、下記ページをご覧下さい。
 展示会「記憶、保存、そして継承~日本の歴史歪曲に反対する」を全国各地で行います。

3)連続講座「歴史の決着を目指して」を行います。(於;東京)

詳細は、下記ページをご覧ください。
連続講座「歴史の決着を目指して」(5/22~8/8(全7回)、於;東京)

4)歴史を保存する活動を行います。

強制連行被害者名簿の整理作業/分析作業を行います。
  
  整理名簿:朝鮮人労務者に関する調査 (12府県分、約4.7万人分)
  分析名簿:朝鮮人労務者に関する調査 (10県分)
    
※強制連行被害者名簿について
 1990年代に日本政府が韓国に渡した名簿。強制連行被害者、軍人軍属関係、捕虜名簿作成等、たくさんの種類が渡された。約25万人分にも及ぶ。1990年代~2000年代初期にかけて、日本、朝鮮半島でこの原簿が数回にかけて公開された。
 「朝鮮人労務者に関する調査」は、1946年に厚生省が企業の未払い金処理のために作成させた名簿。

※強制連行被害者名簿の整理・分析の意義
 被害者名簿は約25万人にも及び、膨大で、その中から自分自身や自分の家族を見つけ出すのは困難です。名簿整理を行い、検索機能を付け、Web上に公開することで、当事者を見つけ出すことを容易にすることに、被害者名簿整理の意義があります。また、この整理しデータ化したものを統計分析し、強制連行/強制労働被害の実態を明らかにしていきます。これは貴重な統計資料になります。

強制連行被害者の証言収集活動を行います。
  
朝鮮民主主義人民共和国在住の被害者をはじめとした、強制連行、強制労働被害者たちの証言収集を行います。
 
HP「朝鮮人強制連行の真相究明」を作成、運営します。

HPのURL
http://tyousendaigakusei-kyumei.com/

HP内容
:強制連行の定義、及び事実と政策について/強制連行の国家責任、企業責任について/歴史修正主義が行われている箇所の事実について
「朝鮮人労務者に関する調査」名簿(強制連行被害者名簿)の公開
「朝鮮人労務者に関する調査」名簿の統計分析結果の公開
    被害者及び被害者遺族の証言

5)その他にも各地の歴史歪曲に反対する運動にも積極的に参与していきます。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rekishi.70

Author:rekishi.70
「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」
2015年3月8日~9月12日

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。