FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スタート集会のご案内

「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」を開始するにあたり、2015年3月8日に大阪人権博物館リバティおおさかにて13時より『スタート集会』を行います。

是非お越しください!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」
       スタート集会

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆


*本集会については。下記のブログページに記載されています。
http://rekishidaigakusei.blog.fc2.com/blog-entry-4.html

●日時:2015年3月8日(日) 12時半開場、13時開始

●場所:大阪人権博物館リバティホール
    ※アクセス:JR環状線「芦原橋駅」下車・南へ約600mJ、R環状線・大和路線「今宮駅」下車・西へ約800m、南海汐見橋線「木津川駅」下車・東へ300m
    ※施設HP:http://www.liberty.or.jp/

●参加費:大学生500円、一般1,000円(高校生以下、無料)

●内容
 
 ②シンポジウム「『戦後』70年―現代日本の歴史認識を問う」
     パネラー/庵逧由香先生(立命館大学文学部教授)
      崔権一先生(大阪朝鮮高級学校教員)
 
 ③学生演劇「記憶~過ぎ去らない過去」
  ※ 朝鮮学校支援など日々の活動を頑張る在日朝鮮人学生たちであったが、ある日活動において大きな困難にぶつかる。そこで、学生たちはある在日朝鮮人一世の出会いから、証言に触れることになって、歴史問題について考えるようになり・・・。

*第一部にて、発言される予定でした金永彬氏が急病により登壇ができなくなりました。

歴史運動アウト(表)

歴史運動アウト(裏)


スポンサーサイト

行動概要(5月18日修正)

行動期間

2015年3月8日(日)~9月12日(土)

主催

日本の歴史歪曲を許さない!在日朝鮮人大学生連絡会

行動内容

1)全国行動の始まりと終わりに、大阪と東京で歴史歪曲に反対する集会を行います。

 スタート集会を3月8日に行いました。
  ■場所:大阪人権博物館リバティホール
  ■内容
   ①シンポジウム「『戦後』70年―現代日本の歴史認識を問う」
     パネラー/庵逧由香先生(立命館大学文学部教授)、崔権一先生(大阪朝鮮高級学校教員)
   ②学生演劇「記憶~過ぎ去らない過去」
   ※スタート集会の詳細(報告)は下記をご覧ください。
    スタート集会報告

  全国大学生集会(まとめの会)
   ■日時:2015年9月12日(土) (時間は未定)
   ■場所:国立オリンピック記念青少年総合センター・カルチャー棟 小ホール(東京)
   ■内容(案):強制連行被害者名簿(原簿)の公開、特別講演、大学生行動全体の報告


2)展示会「記憶、保存、そして継承~日本の歴史歪曲に反対する」を全国各地で行います。

■内容:歴史修正主義の動きと流れ、強制連行の定義と被害者証言、伊藤孝司さんによるパネル「性奴隷にされたアジアの女性たち 破られた沈黙」、など
■開催場所・日程は、下記ページをご覧下さい。
 展示会「記憶、保存、そして継承~日本の歴史歪曲に反対する」を全国各地で行います。

3)連続講座「歴史の決着を目指して」を行います。(於;東京)

詳細は、下記ページをご覧ください。
連続講座「歴史の決着を目指して」(5/22~8/8(全7回)、於;東京)

4)歴史を保存する活動を行います。

強制連行被害者名簿の整理作業/分析作業を行います。
  
  整理名簿:朝鮮人労務者に関する調査 (12府県分、約4.7万人分)
  分析名簿:朝鮮人労務者に関する調査 (10県分)
    
※強制連行被害者名簿について
 1990年代に日本政府が韓国に渡した名簿。強制連行被害者、軍人軍属関係、捕虜名簿作成等、たくさんの種類が渡された。約25万人分にも及ぶ。1990年代~2000年代初期にかけて、日本、朝鮮半島でこの原簿が数回にかけて公開された。
 「朝鮮人労務者に関する調査」は、1946年に厚生省が企業の未払い金処理のために作成させた名簿。

※強制連行被害者名簿の整理・分析の意義
 被害者名簿は約25万人にも及び、膨大で、その中から自分自身や自分の家族を見つけ出すのは困難です。名簿整理を行い、検索機能を付け、Web上に公開することで、当事者を見つけ出すことを容易にすることに、被害者名簿整理の意義があります。また、この整理しデータ化したものを統計分析し、強制連行/強制労働被害の実態を明らかにしていきます。これは貴重な統計資料になります。

強制連行被害者の証言収集活動を行います。
  
朝鮮民主主義人民共和国在住の被害者をはじめとした、強制連行、強制労働被害者たちの証言収集を行います。
 
HP「朝鮮人強制連行の真相究明」を作成、運営します。

HPのURL
http://tyousendaigakusei-kyumei.com/

HP内容
:強制連行の定義、及び事実と政策について/強制連行の国家責任、企業責任について/歴史修正主義が行われている箇所の事実について
「朝鮮人労務者に関する調査」名簿(強制連行被害者名簿)の公開
「朝鮮人労務者に関する調査」名簿の統計分析結果の公開
    被害者及び被害者遺族の証言

5)その他にも各地の歴史歪曲に反対する運動にも積極的に参与していきます。

行動趣旨

 朝鮮が日本の植民地支配から「解放」されてから70年もの歳月が経ちました。

 この間、植民地支配下で様々な被害を受けた朝鮮の人々の多くがこの世を去り、ご存命の方たちもかなりの高齢にさしかかっています。

 1990年代に入り、植民地支配下の被害について訴えようとかれ・かのじょらの多くが立ち上がりました。訴訟ではそのほとんどが全面勝訴にはならず、被害者たちの尊厳回復には至りませんでした。しかし中には甘言、騙しや誘拐などによる連行、劣悪な条件下での労働や性暴力、また未払い賃金の事実認定がなされたものもありました。それらの事実認定の根拠として被害当事者の証言が挙げられたのです。

 しかし昨今、日本軍「慰安婦」や強制連行など無かった、といった歴史歪曲の言説や動きが、戦後70年の中で最も顕著に現れています。現在状況が深刻なのは、一部の歴史修正主義者によるものではなく、一般的な市民たちもこの流れに合流しているという点にあります。被害当事者の証言には何の根拠もないとし、かれ・かのじょたちの尊厳回復はおろか、尊厳を踏みにじってさえいます。

 私たち在日朝鮮人大学生も、ほとんどが証言を直接聞いたことがない世代でしたが、この間多くの被害当事者たちの声を聞く取り組みを行ってきました。証言を聞くと、私たちはそれに嘘偽りがないことを確信しました。他者の痛みに対する想像力の欠如、これが、「歴史歪曲」という表現レベルに留まらない「歴史の逆行」の流れを強力に進めています。

 また「歴史の逆行」の矛先は、被害当事者だけにとどまらず、在日朝鮮人に対する差別、敵視にまで及んでいます。昨今、朝鮮高校に対する「高校無償化制度」除外をはじめとした民族教育に対する差別やヘイトスピーチ等が問題になっていますが、このような差別、弾圧は、かつての植民地支配を正当化し、在日朝鮮人の歴史性を無化しようとする日本社会の動きに根本的な要因があると考えます。

 これからの日本と朝鮮半島について考えるとき、もう過去のことは忘れ、明るい未来を作っていけばいいのではないか、「未来志向」でいこうといったことがよく言われます。しかし私たちは、被害当事者、そして日本と朝鮮半島の未来のためにも、この「歴史の逆行」を決して看過することはできません。過去の歴史を直視し、日朝間に横たわる様々な問題と真摯に向き合い、その克服に向けて努力してこそ、豊かな未来を構築できると確信します。

  「歴史の逆行」の流れの中で、なかったことにされようとしている被害者の証言に今こそ耳を傾け、彼らの経験を記憶し、尊厳回復のための地道な道を歩んでいかなければなりません。植民地主義の継続という日本と朝鮮半島の近現代史100年に、もう決着を着けなければならない時が来たのではないでしょうか。

 私たちは本行動を契機に、日本の歴史歪曲に反対する世論を喚起し、継続的に、植民地支配の真実を究明する運動を行っていきたいと考えます。
プロフィール

rekishi.70

Author:rekishi.70
「日本の歴史歪曲を許さない!全国大学生行動」
2015年3月8日~9月12日

訪問者数
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2015/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
最新コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。